推理小説

アルキメデスは手を汚さないの感想

アルキメデスは手を汚さない (講談社文庫) [ 小峰元 ]1970年代ということで昭和の懐かしい過去が見れます。 東野圭吾が小説を書くきっかけになった本。50年も前の高校生の常識 でてくる話題が古めかしいながら いまの若者と通日物がありました。若いときと…

13階段のあらすじと感想「高野和明の作品はスムーズに読めて面白かった」

13階段 (講談社文庫) [ 高野和明 ] ジェノサイドで映画になった作家さんのデビュー作。江戸川乱歩賞に応募して小説が書籍になりました。受賞した時はうれしかったでしょうね。 死刑囚の冤罪を晴らそうとする話。 傷害致死で捕まった三上純一。 出所して刑…

「変身」東野圭吾の感想とネタバレ

成瀬純一は不動産を訪れたときに リゾートホテルの購入資金を狙った強盗に襲われる。 堂元博士などが脳移植施術を行い、主人公を救う。 食事の好みが変わったのがかの状にばれ 職場で効率の悪さを言っていくうちに孤立 自分でも性格が変わっていることに気が…

名探偵の掟の感想・似た作品の紹介。東野圭吾の作品でコメディタッチのものがあるのが新鮮でした

<table border="0" cellpadding="0" cellspacing="0"><tr><td><div style="border:1px solid #000000;background-color:#FFFFFF;width:310px;margin:0px;padding-top:6px;text-align:center;overflow:auto;"></div></td></tr></table>