奈須きのこの空の境界の感想


主人公の女の子は2重の人格を持っている。
友達になった男の子は身の危険をわかっていても
声をかけていく。


アニメ、漫画にもなっていました。
小説版の感想です

時系列がバラバラなので一見するとわかりにくい。
描写がきつい面があるので向かない人もいるかもしれない。
それでも独特な文章は目を引いた。
短いのでさっさと読めるのがいい。
飽きずに読めました。


WEB小説から同人、ライトノベルへ商業化と
人気を博していった作品でした。

どこのサイトなんだろう
奈須きのこ
武内 崇の竹箒というサイト

2人は中学時代の友人でつながりがあったんだとか。
武内?イラストレーターの名前じゃん。
竹箒
空の境界の商品、
日記がのってます。
今も更新されてました。
青文字に白だから醜いのが難点。
好きな映画や遊んだゲームについて
短文であれやこれや。
ファンなら好きな作家さんの趣味にあわせて
読んでみたくなりますね!
お財布に気を付けて読むようにせねば

最近の商品だと
空の境界 全画集 + 未来福音extra chorus』
1500部、28000円で売りに出されてます。
完売してるんで売上4200万!?
利益いくらいになったんだろう。
特性のアクリルやらでお金かけてそうです。

ほぼ3万円なのに1500人も買い手がつく当たり
人気なんですね。