転生したら宿屋の息子だった。田舎の街でのんびりスローライフをおくろうの感想

あらすじ
ブラック企業で働いていた宿谷健太は、ある日限界を迎えて過労死してしまう。 そんな彼は目を覚ますと、神よりチート能力を与えられて異世界の勇者として転生させられる――こともなく、田舎の街にある普通の宿屋の息子として転生した。 ほどよく働いてのんびり過ごすことを願っていた彼からすれば、勇者なんかよりも宿屋の息子の方がよっぽどいい。 宿屋の長男、トーリとして生まれ変わった彼は、田舎街で今度こそ楽しいスローライフを送る? ※田舎の街を舞台にしたスローライフ物語です。主人公はほどよく働きます

短い話数だったのですぐよめました。
転生するにあたって能力付与なし。
田舎で新しい料理や物を作ったりして過ごす。

仕事から離れてこういうくらい翠簾野もいいだろうなあ。