ARIAの感想「癒されたい」人にぴったりの漫画

ARIAは疲れた日常に癒しを与えてくれる漫画です。
天野こずえによる雑誌掲載の漫画でAQUA,ARIAの全114巻き。
舞台は未来の火星、アクア。
地球のヴェネツィアをモチーフにした都市で1人前のウンディーネを目指す
水無灯が主人公。

作品はAQUA,ARIAの二つのタイトルがありました。
現在は完全版でARIAに統一されたものがある。
きれいな絵柄です。

1巻ずつ感想を書いていきます。

ARIAになる前、 AQUA1巻

1水の惑星
水無灯里が制服をたくしあげて、足先を水につけているシーンは気持ちよさそうです。

AQUAにつくところ。
SFがでてるのは最初だけ。
太陽系航空宙社のネオ・ヴェネツィア便で主人公が書き物をしているシーン。
あとは現在のヴェネツィアとほんの少し機械がでてきます。
生活は人の手で行って極力機械は顔を出さないスタイルのようです。

就職先で寝坊してしまった灯里に笑ってしまいました。
優しそうな女性が出迎えてくれます。

2水先案内人
アクアの地政学について解説が入ります。
カレンダーが地球は4月
アクアは8月。
地球から来た観光客が季節を間違ったり、
水先案内人は注意が必要ですね。
説明するときにあたま使いそうで大変そうだと思いました。

水無灯里は藍華という友人ができました。
打算的だなって印象を受けます。
灯里ちゃんはそれに気が付かずほのぼのしてました。

3水没の町
アクアアルタによって町が水没していました。
漫画だと透き通った水で楽しそうです。
現実は?とちょっと見に行ったんですが濁った水で
かなり危なそう。

雨が降ってきてしまったので友達の藍華ちゃんの家に泊まっていました。
女子トークが楽しそうでまぶしかったです。
ここの魅力は水に沈んだ町ですね。
昼間と夜景がきれいでした。

4猫の王国
アリア社長に焦点を当てた話。
縁起を担いで猫を社長に据え置いています。
駅長に猫を採用するようなものですね。

船に乗る練習がてら追いかけると
何度も同じ場所を行き来する。
ほのぐらい怖さがあって恐ろしかったです。
そのうちアリア社長を見つけて帰れました。

にしても登場人物アがつく人、動物ばっかりですね。

5希望の丘
ウンディーネの厳しさが垣間見れるシーン。
藍華が半人前に昇格。
なんも見習い、半人前、1人前の3段階があり
手袋で判断できるんだとか。
水無灯里はまだ半人前です。

そこで、先輩のアリシアに誘われてピクニックへ。
なんとなく察しがついてましたが昇格試験でした。
陸橋水路を渡ったところで合格を言い渡される。

抜き打ちの審査で新人はしらないというのが怖いですね。
壁に当たったら減点、接客が悪ければ減点などあるんだと思います。
先輩がカウントをしつつ、点数にみたなければ不採用、あるいは維持。
こうしてシングルの半人前にあがれずに落ちていく人が多数いるんでしょうね。

水無灯里と藍華は一発で突破してします。
最後に希望の丘から見る景色は宝箱みたいに素敵でした。

ARIAになる前、AQUA2

表紙はアリシア。
金髪のきれいな女性です。

6初めてのお客様
サラマンダーという浮島で天候の管理をする仕事です。
地上にめったに降りてこないお客をスロープまで案内する。
半人前の水無灯里は船のスピードが遅く、操作も未熟。
迷惑をかけつつ頑張ってました。

地球で練習をしてきたものの前後逆になっていたのがあだですね。
やり直しにならなかったら相当腕前は良かったろうに。
アリシアの新人指導がやさしくていいなーとうらやましいと思いました。

7社長はツライよ
これ、男はツライよのオマージュですかね。
掃除をしているところ疎外感を感じたアリア社長が家出しちゃいます。
かわいい。
家出をしている間に海鳥に餌をあげたりヒメ社長に会いに行ったりしてました。
そこでも居場所がなくてさみしがるアリア社長は人形をぎゅっと握ります。
かわいい。
夕方になってARIAカンパニーの屋根からひょっこり姿を見せました。
ああ、いいですね。

8夜光鈴
アクアの海底でしか取れない名産品。
地球ではみられない石っていいですね。
私が観光客なら夜光鈴みたくて来ちゃうと思います。
夜光石の結晶を手にしてご満悦の水無灯里がみれました。
小さな光は日本でいう花火みたいでよかったです。

9ヒーロー見参
アリア社長にスポットが当たった話です。
ほっかむりをかぶったアリア社長が住民のために大活躍。
落とし物を届けに行って子供にお礼を言われていました。
猫が街中を泥んこになりながら歩いているさまは涙ぐましい。
アリシアは成果をうれしがるアリア社長を目いっぱいほめてやってました。
水無灯里は怪我をしていないか確認をするあたり優しいなって思います。

10花火
前に登場したサラマンダーの名前がわかりました。
暁っていうんですね。
アリシアが名前を知ってるなんて交流があるのか
わくわくします。
アリシアの交友関係って謎に包まれていて彼氏とか
いるんでしょうかね。

残暑なのはサラマンダーのせいなんだとか。
機械のように正確ではないからそこが気に入っている。
と、水無灯里がいっていました。
やっぱ地球と火星の差を感じられるのはいいですね。
アクア出身ではない視点で物事を見られます。

地球にはない花火を水無灯里がみていました。
音が響くのとホログラムにない迫力。
きれいな光景に目を見開くばかりです。

特別編、風邪とプリン
AQUAに登場しなかった女の子が一人登場します。
どうも私が買ったのはARIAがでてから新たに発売されたAQUA.
なのでこういうこともできたんですね。

風邪を引いているけどプリンが食べたい藍華は部屋を抜け出して
2人の練習風景を覗き見ます。
自分がいないのに成り立っている世界にさみしさを感じていました。
ああ、わかるなともの悲しさを覚えます。

でも、あの女の子だれよ?と気になりますね。
小さな背丈でかわいい女の子です。
ウンディーネになるだけあって容姿がいいです。

ARIA1巻

1ネオ・ヴェネツィア
マンホールからのお客様がくる話。
新婚旅行におじいちゃんがついてきた。
非効率的なものを嫌っていてなぜありがたがるのかわからない。
と、旅行先にもかかわらず空中投影された画面を見ています。
そのうちに、じゃがばたをみかけて食べてもらいました。
地球だと適切なサイズ、適切な温度ででてくるものがここだと
熱すぎたりする。大好きだという水無灯里がかわいいです。
2陸揚げ
久しぶりに機械が出てきます。
船を上に持ち上げて掃除用の場所までもっていく。
小さなドローンでしょうかね。
あんなに小さいのに船を持ち上げてぴったりの位置に
持ってくるあたりが高性能です。
船底についた貝を取り除いていくのは骨が折れそうだけれども
藍華、水無灯里の二人とも楽しそうに取り除いていきました。
虹色が浮かぶのがきれいでよかったです。

3ため息橋
橋が刑務所とつながっている場所で。
そこから見るヴェネツィアをみてため息をついた。
と、いう史実に基づいて名付けられた橋。
場所は違うが景色はきれい。
上空に飛行船が飛びつつ、きれいな景色が見れました。

暁と待ち合わせ場所にきた水無灯里お互い時間をつぶすのに
話し込んでいます。ひょっとしてアリシアじゃなくて水無灯里の
ボーイフレンドの方でしょうか。
どっちかなーと気になりました。

4お天気橋
ちょっとしたホラーですね。
出身国別に島があって文化村を作ったんですって。
稲荷大社があったので日本の島に行きました。
突然雨が降って狐の嫁入りを話そうとしたところで思い出せないアリシア先輩。
これは、と思って身構えてました。

狐の嫁入りに水無灯里がでくわします。
男の子が近寄ってきてお稲荷さんを上げました。
あー、ホラーというよりほのぼの回ですね。
仮面をかぶった男の子が走ってくるのは怖いです。
あんな不思議な光景にであるなんてアクアに不思議なことがいっぱいですね。

ヴォガロンガ
船のレースがあります。
住民が参加できるものでウンディーネの試験と言われている。
藍華と水無灯里は挑戦しました。
が、灯里は寄り道をしてばかり。
えーいいの?と思いながらみてました。

結局楽しんだままレースは終了。
アリシアに確認を撮ったらただのうわさでおわりました。
アリシアついてこなかったもんね。
じゃあ、レースの間だれといたんだろー
と、空想を膨らませてました。
友達ときゃっきゃ遊んでたらかわいいです。

ARIA3巻

6雪虫
冬のまえに訪れる虫
丸っこくてかわいいです。
冬眠でいなくなるのを寂しげにみる
水無灯里が印象的でした。
7桃源郷
温泉にいってアリシア、藍華、灯里でまったりする。
廃墟で温泉に入って趣がありました。
きもちよさそー
8星の謳声
アル君登場。地底管理人は重力を管理している。
オルガンを奏でるようにして重力石をコントロールします。
見事な音色をかなでているようで、表現しきれないんだとか。
いいなーどんな音色なんだろっておもうところです。

9アウグーリオ・ボナーノ
日本の明けましておめでとうに当たる言葉
年越しをみんなでします。
持ち物を上に放り投げて朝日を見る。
きれーい
10謝肉祭
前の話で終わりかなって思ったら続きがありました。
カサノヴァが出てくる話です。
正体は謎に包まれていて追いかけてみると
猫だったと。
驚きますねー。
アリア社長と一緒に帰ってきました。
あの巨大な猫はなんなのか気になるところです

ARIA3巻

11春一番
出会いの季節だけあって新キャラ登場です。
かわいい女の子でおれんじぷらねっとの社員。
姫屋の藍華とのライバル企業です。
無愛想な子でしたが最後にかわいい笑顔を見せてくれました。
12満開の森の桜の下
アリシアに誘われてとっておきの場所を見ることに。
ところが道中道に迷ってしまう。
道に迷った先にはきれいな桜の木があった。
ライトアップされた木をみつつ間違ってもいい景色がみれるのなら
いいなーと思うところ。
13街の宝物
藍華が練習中に宝箱を見つける。
そこから街中を謎解きしながら歩いていった。
次々にいろいろな場所を探索して
最後はきれいな街の景色がプレゼントされる。
最後に宝箱を戻すところで何人も同じようなことをしていたと
わかり、ほっこりします。
14水の3大妖精
2人の先輩と自分たちの話。
あこがれの先輩達がどういった存在なのかを説明されています。
藍華がアリシアと晃が好きな理由があってよかったです。
15ボッコロの日
好きな人へバラを送る。
暁は張り切ってアリシアに送ろうとするも灯里に送ると勘違いされました。
脈なしかーとざんねんに思います。

ARIA4巻

16ネバーランド
島からの招待状は先輩たちからの者。
夏に向けて息抜きをします。
素敵な世界と灯里が感じる理由。
心持次第だと気が付けると楽しいですね。
17逃げ水
蜃気楼にくらんで猫の喫茶店に迷い込む。
少し不思議な話です。
アリア社長とでてこれらました。
18空泳ぐ魚
飛行社にのって空の旅。
ウンディーネの制服のままエアロバイクにのってました。
ネオヴェネツィアを見下ろしてミニチュアみたいになった
街をみれます。
19伝説の大妖精
アリシア先輩の先輩。
ARIAカンパニーの創始者にあいます。
田舎町に引退していて休暇のようでした。
楽しむとアドバイスをもらいます
20レデンントーレ
屋形船に乗ったお祭り
今年は招待をする側で10人ほど。
水の3大妖精や友達をよんでわいわいやってました。

ARIA5巻

21郵便屋さん
船を貸してあげて一緒に郵便の手伝い。
初めてもう手紙は郵便屋のだった。
灯里がネオベネツィアになじむ様子がよく書かれています。
22舟謡
ウンディーネは歌もあります。
アテナ先輩とアリスの話。
落ち込んでいるときにアテナ先輩は歌ってくれていた。
先輩後輩の関係にいいなーとうらやましかったです。
23流星群の夜
アル君、藍華で星空を観ます。
いい雰囲気にきゅんっときました。
24マルガリータ
晃先輩主導の藍華、灯里、アリスの話。
厳しい指導といっても最後にはマルガリータをおごってくれたり
いい先輩です。
25影追い
サンマルコ広場で影を追いかけて席を移動する。
実際に行われていたもので、趣があります。
店長と仲良くなるのが灯里らしい。

ARAIA巻

26オレンジな日々
水の3大妖精が全員でそろいました。
昔をなつかしむだけじゃなくて、
いまも楽しい。
と、アテナ先輩がしめくくってます。
27ヴィネツィアンガラス
無愛想なガラス職人とウンディーネ。
ガラス職人はヴェネツィアンガラスを作ってるのに
本物じゃないといわれて腹が立っていたんだとか。
あー、確かにそれはいらいらしそう。
最後は灯里にほれて終わりました。
明るい性格してるなー。
28スノーホワイト
自分たちが鳴りたい姿を思い描いていると
ふと気になる。
アリシアはどんな大人になりたかったのか。
無言で雪玉をころがすアリシアは怖かったですが
理由がわかるとほっこりします。
あの間はなりたかった大人の行動を思い出して
やってみることにしたんでしょうね。
部下を育てることで自分が気づかなかったことに気が付ける。
灯里に感謝を言ってる気がします。
29迷子
オレンジプラネットオーシャンの寮はペット禁止。
隠してるつもりのアリスはばればれでした。
そこからのあわてっぷりがかわいかったです。
まぁ社長となって無事飼える。
青目じゃなかったらアリスは涙の別れになったことでしょう。
アテナ先輩が気が付いてくれてよかった。
30銀河鉄道の夜
宮沢賢治のオマージュ。
銀河鉄道の車掌は猫でした。
乗ろうとしたところで、子猫が切符をわすれている。
で、灯里が渡してあげておしまい。
あれは夢だったのかと思って額を見るとスタンプが押してあると。
ほのぼのするお話でした。

ARIA7巻

31春の女神
アリシアに真珠のような黒髪をほめられたのに、焦げてしまった藍華。
落ち込む様子を見てると悲しくなりました。
晃先輩にはげまされて戻ってきます。
師弟だけあっていきぴったりですね。
32停電
普段と違う停電。
アリシアと灯里で話し込んでいます。
趣味の通販カタログを見ることとか普段見れない先輩の
姿を知れて楽しそう。いいなー。
33鏡
人は自分の心を映す鏡。
アリスに笑顔でいるのをアドバイスしてました。
アテナ先輩の助言もあって自分を取り戻すアリスがかわいいです。
34ヴァポレット
灯里を追いかけるアリスと藍華。
自然に人の輪ができていくのをみるとすごいとしか言えない。
友達作りのヒントを2人がもらっていました。
35髪とヘアピンと私
藍華はご機嫌斜めでした。
ヘアピンをアル君にほめてもらうとゴキゲンに。
もう、カップルですね。
どっちから告白するんだろー。

ARIA8巻

36ゴンドラ
ゴンドラはスクエーロで手作りしています。
前長11メートル重量400キログラムです。
耐用年数はある物の傷だらけになったので中古市場へ流す。
灯里がさみしがってました。練習先ですれ違って元気を出すお話。
37記憶喪失
アテナ先輩の記憶が亡くなってしまった。
アリスの気持ちを確かめるための嘘だとわかって一安心。
水の3大妖精でも一人の女の子という言葉が記憶に残ってます。
38墓地の島
お化けの女性が墓地へといざなう。
灯里が連れ込まれそうになったところでケットシーが助けてました。
良かったーと安心します。
ほんのり怖い回でした。
39秘密の場所
サンマルコ広場を見下ろせるけれど一般の人は気が付きにくい。
晃に気が付かれてしまって秘密の場所にすることに。
2人の様子を見られていてあわてる晃と残念がる灯里がかわいかったです。
40送り火
着物を着た姿が見れます。
アリスがムックン柄が好きってなんでアリシア先輩知ってるんだろ。
みんなきれいでした。

ARIA9巻

41パリーナ
家や会社を示す棒。
以前のパリーナが壊れていたので修理しています。
2人で並んで灯里がいた証拠を残すのは感慨深かったです。
42自分ルール
横断歩道の白いところだけ歩くみたいなのをアリスがやってました。
アテナが呼び止めたところで遊びは終了。
その時の思い出を灯里、藍華に語るのがかわいかったです。
43幼ななじみ
アリシア、アキラ、アル、暁、全員幼馴染でした。
そのことを知ってさみしがる灯里と、
もう同じ輪っかにいるといってくれる暁がよかったです。
44プリマ・マドンナ
藍華は社員からの視線を感じていた。
ほめているのではなく、晃の悪口を言っていた。
と、知ってから泣く藍華が晃に話をきいていました。
泣いてくれただけでもうれしいといって元気な晃がよかったです。
45お月見
古井戸に落ちてしまったアルと藍華。
アルは暗いのが怖くて火星の気象についてぺらぺらしゃべり、
藍華がかわいがる。
2人がアリス、灯里に見つけ出されて後ろでこっそり手をつなぐのが
すばらしかったです。

ARIA10巻

46誕生日
晃と灯里の組み合わせ。
晃はアリシアの誕生日が来たものの、折り合いがつかず
灯里はゴンドラにのせて探してました。
奇跡のような偶然でアリシア、アテナ、晃であえて
晃がうれしそうな顔するのがお気に入りです。
47エピファニア
ヴェネツィアの御祝い事でサンタクロースみたいなものですね。
魔女に扮したアテナ先輩がアリスにバレバレな演技をして楽しませてました。
48トラゲット
ゴンドラをあやつるのにウンディーネとトラゲット。種類がたくさんあります。
灯里はトラゲットの世界を知って、プリマ志望の女の子2人とあってました。
試験をあきらめている女の子とあきらめていない女の子。
3人組の女の子と灯里で話し合って新しいスターを切る。青春ですね。
49春夏秋冬
灯里は全部の季節を楽しんでいました。
人によっては夏は嫌いだけど冬は好きとかあるのに全部楽しめるなんて羨ましい。
アリシアにも褒められて照れくさそうにしていました。
50課外授業
アリスはアリシアの指導方法に疑問を抱き観察をする。
アリシアはそれに気が付くときが恐ろしかった。
それから普通に指導方法について話が行っておしまい。
平和気に終わってよかったです。

ARIA11巻

51クローバー
晃はアテナとアリシアが一人前になって自分がまだなのに悩んでいた。
藍華にクローバーの話をしてあげる。
やっぱ覚えてないか、と回想にでてきた女の子は藍華だとわかる。
努力すればいい。と、教える話はいいですね。
52海との結婚
海に指輪をなげて結婚をする儀式がある。
ウンディーネたちが一斉に指輪を放り投げるのは圧巻ですね。
気持ちのいい絵になってました。
53ケットシー
怪談を全部経験してしまったら会えなくなる。
最後の話を体験してしまって別れを悲しむ。
あー、そろそろARIAが終わるんだなって感じる話でした。
54休日
ひさびさの一日オフ。
灯里がお菓子をかいこんで遊びまくる。
実に楽しそうにゴンドラを操作するので見入ってしまいます。
55黄昏時
アリスは中学卒業と同時に昇格試験を受けました。
きれいな操作と歌声を披露。なんと一気に一人前認定を受ける。
灯里、藍華の驚きようが面白い。

ARIA12巻

56生人形
憂いの表情を浮かべる人形と
微笑みの表情を浮かべる人形。
人形を持ったおじさんと話し込みます。
57薔薇の名前
晃が藍華の名前付けで悩んでいる。
これは、昇格試験ですね。
アリスが受けていたのでそろそろだろって思ってました。
58遥かなる蒼
アリシアは水無灯里にプリマ昇格試験をするという。
試験を無事に通過してアクアマリンの称号をもらいました。
立て続けにプリマになりますね。
59未来
プリマになった灯里。
アリシアが引退するのをさみしがって泣きました。
惜しまれる存在ですもんね。
アリシアは灯里を励まして復活します。
60水の妖精
アリシアが引退して、灯里が引き継ぐ。
シャッターを開けるのをアテナ先輩のアドバイスで乗り切るシーンがよかった。
主要な登場人物のその後を書いて物語は終わります。

まとめ

もっとよみたかったです。
小説、特装版、映画と話はありました。
連載という形にはなってないのでこの終わり方でいいんでしょう。
特徴は明るい話なのでほっこりしたいときにピッタリな漫画です。
激しいドラマはありませんが言葉の1つ1つが染みてきました。
天野こずえさんの次回作に期待です。

ここまでで3000字
全話かくと1万2000字いきます。
よまなそう。