嘆きの亡霊は引退したいの感想

作者の作品は人気が出るので書籍化されまくっています。
嘆きの亡霊は引退したいは、漫画、書籍になってますね。
アニメでみれたらもっと面白いだろうな。

好きなキャラクター、面白かった話を書いていきます。

嘆きの亡霊の魅力的なキャラクター

クライ・アンドリヒ

帝都で神算鬼謀のレベル8と名高い冒険者。
レベル8は3人しかいないため、おそれと尊敬を集めている。
中でもクライは顔がわからないのがいいですね。

力がないために隠れて行動をしたがります。
始まりの足跡のクランマスター室にいるのは安全だから。
どうしても出かけるときはフードをかぶったり、
仮面をかぶって変装をしたがります。

ありがちなのは、実は強いんだけど本人の自覚なし。
クライは進化する鬼面に筋力E-、敏捷E-、体力E-、魔力E-、成長性E-、やる気ゼロ、総合評価、三点。『進化する鬼面オーバー・グリード』、発動基準に達していません。強制解除しますと言われて矯正解除されてました。
本当に力がないんだなと笑ってしまいます。

性格は?
読めば読むほどくずだなと。
妹への扱いがひどい!
本人は結界指 ( セーフ・リング )14個も魔力を込めるようにたのんでました。
最近冷たいって思ってるらしいんですが原因、それじゃない!?
魔法を使えるものが魔力を込めるのって大変なのでルシアは苦労していました。
マスターのクライは何度も頼むと。

さらに、お金の使い込み。
エヴァに宝具を買いたいといったときに他人もあるでしょ?
と、注意されてました。スーパーでほしい駄菓子をおねだりする子供みたい。
目が泳ぎまくってから「まさかクランの運用費をちょろまかしているのがばれて、
いやすぐに補填している」みたいな驚きの発言が!
だめじゃん!宝具がほしいばっかりにお金を使っているらしい。
日本でこれやると横領で捕まるって。
社長の場合は会社潰れるだろうに。
やっちゃうんですねーーー。

あおりスキルがすごい
無自覚に煽っていて周りが誤解されている。
周りが怒ってくるのは気が短いっていうのもありますが
クライがたきつけてるのもありますって。

だって、調査があげてくれた資料を
「すごいなーこんな短時間で」
っとほめたりと。
支部長のガークさんが怒るのもわかります。
クライの内心を知らないから発言が煽っているようにしかせん。

それでもパーティーメンバーから好かれている。
クランマスターって2種類いると思うんです。
本人が有能だから下がついてくる
本人が無能だから下が頑張る。

どうみて後者。
クライの発言をうけてみんなが奮起しています。
クライのゆうことを聞いていると死にそうになりながらも成長ができる。
魔力訓練然り身体能力然り。
ただの偶然なのに
いいことばかり怒るので神様に愛されてますね。
帳尻をあわせるかのように不運だったりします。

直近だとドラゴンの温泉卵を皇女に渡そうとしたとき。
「ドラゴンの卵!」と、温泉を聞き逃した皇女が大騒ぎ
剣を突きつけられていました。
危ない。

今後どんな活躍をするのか気になるところです。

シトリー・スマート

錬金術師です。
お金の設備に時間がかかる物の貴重な薬品や生物をつくれるので
一番お金持ち。クライに10桁後半のお金を貸している。
シトリーはクライを慕っていてかわいいです。

常にクライの言動に気を配っていて
かすかな発言から言おうとしていることを推測する。
ああ、錬金術師の彼女でさえ気づかないのか。
クライは何も考えていないといううことに。

幼馴染として過ごす機会がながかったからでしょうか。
偶然とは思えない命中率に信じてしまったんでしょう。
こいつ、なにかあるなと。

何もないのにー。

エヴァ・レンフォード

メガネっ娘。
常識的なことがある承認の娘です。
クライは土下座までして引き抜いたんだとか。
クランマスターの代わりに業務を行う。
クライ、なにもしませんからね。

エヴァは、クライのことごみのような目でみたりしないんだろうか?
だってクランマスターでのんびりしているか宝具を磨いているだけなんでしょ。
烈火のごとく怒りそうなのに。

まるでない。
クライは有能っぷりを発揮したんだとか。
エヴァ自信、はじめのうちはこの男がクランマスター?と、
不満を感じていたようです。
ところが自分の情報網を凌駕する情報。
事前にわかるはずがないものからかすかな前兆のあったものを
次々と言い当てるさまを見て見方を変えていきます。

エヴァのかわいいところは常識人なところですね。
人形の宝をみつけられたときはクライに自分の顔をまねられて怒ってました。
マスターは完全に新しいおもちゃを見つけた子供みたいです。
だからこそやりすぎてしまって「体がよくわからないから作れないんだ」
と、言ってます。目が残念と語ってますけどけっこう危ない言い方。
エヴァは慣れt間斧で怒ってやめさせていました。

クライの遊びを見かけたときもおもしろい。
幻影を使ってクライが小人やドラゴンを使役していた時のコト。
クライは夢中になりすぎてかくしそこねました。

自分にない情報網がきになるエヴァとしては大変驚いた様子。
なるほど!みたいな。
詳しく聞き出そうとするもののはぐらかされてしまうはかわいそう。
そのあとクライのいたずらでミニチュアのクライをつぶしてあやまる。
ああ、かわいい。

アーノルド・ヘイル

霧の国ネブラヌベスから帝都にこしてきました。
帝都って宝物殿が数えきれないほどあり自分のレベルに見合った宝物殿で
修行したかったようです。

かわいそうって思ったのはリィズたちの返礼を受けたところ。
自分の力を見せようとがんばttなおに不意打ちからの返り討ち。
飲み物屋さんで冒険者一堂に負けたのがばれて悔しそうな顔してました。

霧の雷意(フォーリン・ミストのリーダーだけあって実力は折り紙付き。
それでも嘆きの亡霊のメンバーにはかなわない。
クライのメンバーだったら不意打ちにの攻撃にも慣れているので
不意打ちに十分対策できたはず。
アーノルドさんは不意打ちに対処できなかったのでまずまずですね。

アーノルドは、嘆きの亡霊メンバーにあおれたと思って
クライに怒りの目を向けっています。
なんども襲撃を書けるものの返り討ちに会うところは笑いました。
頑張るなーと思って楽しく見れます。

ニコニコマークの火なんて最高ですね。
思いついたのはシトリーで許可したのはクライ
はたから見ればクライの指示に従ったとみられるのが悲しいところです。
怒り狂ったーアーノルドは温泉に入ってからも面白かったです。

「貴様つけているのか」
みたいな。偶然自分が入った温泉にクライが泳いでいたら驚きですよね。
温泉街なんだから郁人もお内情な店はある。
その中から任意で選んだお店にクライがたまたまいたなんておかしい。
未来でも見えてるんじゃないか?と、ますます勘違いが広まりそうな場面です。
地面を破壊したり石を割ったりとやりたいしてて情緒が不安定です。

アーノルドさんん帝都に来なかったらこんな目に合わなかったの院。
残念でしたね。


面白かった話

クライン・アンドリヒが登場するシーンはたいがい面白い
直近の話が印象に残ってます。

白剣の集い

主人公のクライがバカンスにいってまで逃れたかった会合。
ほんとうに興味がなくて、皇女にお土産を渡してしまいます。
温泉ドラゴンの卵って説明しているのに
皇女がドラゴンの卵!?と驚いてからが大変。
近衛騎士に取り囲まれるのは笑ってしまいました。

エヴァ視点でも見られるのは面白いですね。
あわてている風をよそっているがと。
確かにクライがわざとやってるようにしか見えない。
皇女がメイド姿に扮しているのは伝統!
クライが知らないわけないでしょう!?

クライの内心をみせてあげたいですね。
エヴァって、真実の涙が効かない理由をどう考えてるのか知りたい。
皆と同じ意見なんだろうか。

温泉卵が巻き起こした騒動にも注目です